スタディサプリ

良問・難問連発!?スタディサプリパーフェクト講義Part 7対策の感想

今回は、スタディサプリのパーフェクト講義・リーディング長文パート(Part 7)のレビューです。

スタディサプリを始めて早4週間…ついにパーフェクト講義を一通り終わらせることが出来ました。

スタディサプリは内容も解説も充実しているオススメの英語学習アプリなんですが、その中でも特にPart 7は良問(難問?)揃いでした!

 

Part 7はリーディングの鬼門。苦手意識を持っている人は多いでしょう。

僕もPart 7では、「文章の内容をもとに推測する」問題が苦手で…

でも、スタディサプリはそんな僕らの強い味方でありました!!

良問揃いの問題と丁寧な解説で、必ずやPART 7のスコアを上げるのに一役買ってくれるでしょう!

パッセージと問題が同時に見れて、スマホでもそこそこ快適に解ける

多分、まず最初に皆さんが気になるのは

スマホでパート7の問題…?どうやって解くの?

っていう疑問じゃないでしょうか。

Part7は文章と問題を見比べながら解く必要があるので、「スマホで解くの
無理じゃね!?」って僕も思ってました。

でも安心してください!さすがはリクルート。スマホ画面もきちんと考えて作られています。

 

Part 7の問題って、こんな画面なんです。

f:id:miyane_com:20190903205153j:plain

見てお分かりのとおり、パッセージと問題を同時に見ることができます。

パッセージと問題文を見比べながら解答できるので、スマホでリーディング問題を解くのはそこまで不便じゃないです。

ちなみに、問題は隠すこともできます。

「パッセージと問題文を見比べるモード」と「パッセージに集中するモード」の2つのモードがあるイメージです。

スタディサプリパート7は良問多し!

f:id:miyane_com:20190903205338j:plain

パーフェクト講義PART 7 の問題は、良問がとても多い印象でした。

TOEICによくあるひっかけ問題もあります。

また、ただ文章を理解するだけでは答えにたどりつけない、内容を関連付けて推測する問題も多くあります!(僕が苦手なやつです)

 

個人的には、特に推測問題の演習がスコアアップに役立つ印象を受けました。

英語力はもちろん、むしろ国語力も問われる問題も多く、どうすればPart 7のスコアアップにつながるかのヒントを教えてくれた気がします。

複数の情報を関連づける能力は、良問を解かなければ身につかないと思います。

そういう意味で、「スタディサプリのPART 7対策は、本当に力がつきそうだなぁ」って思いました。

 

公式問題集を解いて、

「PART 7は読めているつもりなのによく間違える!なんで?」

って思ったことがある人は、ぜひともスタディサプリをやって欲しいと思います。

スコアアップに向けて、どう問題を解けばいいのか。新たな発見があると思いますよ。

解説も丁寧!回答までの論理の流れが良く分かる

f:id:miyane_com:20190819212602j:plain

もちろん、問題の質が高いだけじゃないです。

スタディサプリの解説はとても分かりやすいんですが、Part 7の解説は特に丁寧です。

解説を聞くだけでもとても勉強になります。

 

関先生は、ひっかけ問題も丁寧に解説してくれるので、どこに注意して読めばいいかがよく分かります。

例えば、"two days"と"two business days"は違うよ!とかですね。

言われてみれば当たり前なんですが、2営業日だと、土日を挟めば最悪4日になっちゃいますからね。

 

TOEICのPart 7 は、こういう『正確に情報を汲み取れているか?』という能力を試されているわけです。

文章を読んで、その訳が分かるだけでは不十分で、与えられた情報をちゃんと解釈しなければいけません。

ですので、ボーっと問題を解いて、サラッと解説を読むだけじゃPart 7の力はつきません!!

問題を解いたら、しっかりと関先生の解説を聞いて、

  • どの部分に気を付けるべきか
  • どういう思考過程で回答にたどり着くのか

を理解することが、ハイスコアへの近道なんだと感じました。

唯一の欠点!複数パッセージの問題が読みづらい!

f:id:miyane_com:20190903205540j:plain

スタディサプリのPart 7対策には、残念ながら一つだけ欠点があるんです。

それは、クロスリファレンス問題が解きづらいことです。

 

クロスリファレンス問題とは、2~3個の文書間の情報を関連させて解く問題ですね。

スマホの場合、一画面に2つの文書を同時に表示できないので、文書間を行ったり来たりするのに画面をスクロールしなきゃいけないんですね。

なので、どうしても紙上で解くよりも若干時間がかかってしまいます。少しやりづらい面があるのは事実です。

 

ただ、ここはポジティブにとらえましょう。

そう、これは高地トレーニングなんです。

普段から多少読みづらいスマホで学習しておけば、本番はゆとりをもって解くことができる、という理論です!!

 

パート7の最大の敵は、時間です。制限時間のわりに問題量が多いですからね。時間ギリギリ、場合によっては時間が足りなくて終盤は塗り絵って人もいるでしょう。

ですので、普段の学習で、問題を早く解く練習をするのは重要だと思います。

そういう意味では、スタディサプリの問題形式は、パート7を解くスピードを上げる上でも一役買ってくれるんじゃないでしょうか。

まとめ

今回は、スタディサプリパーフェクト講義 Part7対策のレビューをお話しました。

  • Part 7 は良問多数
  • 解説も丁寧で勉強になる!
  • スマホ画面はよく考えているが、それでも若干解きづらい面がある

こんなところでしょうか。



-スタディサプリ

© 2020 スマ英語 Powered by AFFINGER5