英語学習

英語のスピーキング力を鍛えるには15-45トレーニングが最適な件

 

リスニングやリーディングは何とかできるけど、スピーキングが苦手だという人はかなり多いでしょう。

僕もかつて、スピーキングに強烈な苦手意識をもっていました。

何て喋ればいいかわかんないし、カタコト英語が恥ずかしいし…

正直、英語を話すのが怖かったです。

 

今もスピーキングは得意ではありませんが、当時と比べると苦手意識はかなり改善しました。

それは、僕自身のスピーキング力が向上したからだ思います。

実は、最低限のスピーキング力を身に着けるのって、そこまで大変じゃないんです。

もちろん、抽象的な概念で議論できたり、複雑な表現もスラスラ言葉がでてくるようになるまでには、かなりの時間がかかります。
というか、僕もまだできません(笑)

でも、そこそこの流暢さで、最低限伝わるレベルであれば、2~3か月も練習すれば喋れるようになります。

初心者がスピーキング力をつけるのに一番効果的だと僕が思っているのは15-45 トレーニングです。

カタコト英語から脱却したい方は、一度試してみてはいかがでしょうか。

15-45トレーニングとは!?

f:id:miyane_com:20190918215100j:plain

15-45トレーニングとは、15秒で話す内容を考えて、45秒間しゃべり続けるトレーニングです。

留学を志す人が受けるTOEFLという試験でもSpeakingの問題として出題されています。

例を挙げて説明します。(出展: TOEFL iBT 公式サイト

例えば、こんなお題を与えられて…

Some people enjoy taking risks and trying new things. Others are not adventurous; they are cautious and prefer to avoid danger. Which behavior do you think is better?

Explain why.

15秒間、何をしゃべるか考えるわけです。

で、45秒間しゃべり続けます。

これが、15-45スピーキングです。

最初は難しい!でも続ければ必ず力になる

…もちろん、45秒間もしゃべり続けるなんて無理ですよ (笑)

しゃべれなくて当然です。それをしゃべれるようにするためのトレーニングなんですからね。

最初は、あらかじめスクリプトで回答を書き起こしておいて、それをしゃべる練習をするのでもよいでしょう。

解答も、すべてが正しい言い回しじゃなくてもOKです。

まずは練習。少しでも口ずさむことを意識して、トレーニングしましょう。

勉強と思わず、スポーツの基礎練と思うといいでしょう。

しゃべったら録音!!自分の音声を聞いてみよう!!

f:id:miyane_com:20190918215208j:plain

もう一つ重要なのが、45秒しゃべったら、録音して聞く!と言うことです。

自分ではしっかりしゃべっているつもりでも、実はすごく聞きづらい…

これって英語あるあるです。

ですので、喋ったら録音して、自分の声が聞き取りやすいか確認しましょう。

 

ちなみに、僕が最初に自分の音声を録音して聞いてみた時は、モゴモゴしゃべってて何言ってるか分かんなかったです。

あんなクソな英語をしゃべっていたなんて、黒歴史です。記憶から消し去りたいです。

…こんな感じで、いかに自分の英語がダメかを知るいい機会ですので、ぜひ自分の音声は録音して聞いてみましょう。

最初は恥ずかしいですが、我慢しましょう!!

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥
ですよ!!

まとめ

今回は、オススメのスピーキング練習法、15-45トレーニングについてお話しました。

15-45トレーニングは、TOEFL試験でも採用されており、スピーキング能力の向上にとても効果的です。

スポーツの感覚で毎日練習すれば、スピーキング能力が大きく向上しますので、ぜひ試してみてください。

-英語学習

© 2020 スマ英語 Powered by AFFINGER5