未分類

意外と知らない!?英文メールでMr.やMs.を使うと失礼になるケース

 

英語でメールを書くときに、宛名をどうすればいいか、迷う人も多いでしょう。

日本語の場合、英語ビジネスメールを書くのは簡単です。

名字が〇〇の人にメールを送るときは

〇〇様

でいいんですから。
何も難しいことはないです。

 

一方、英語でメールを書こうとすると、色々戸惑うことが多いですよね。

日本語のメールより、ルールが多いんですよね。

しかも、間違った宛名の書き方をすると、失礼に当たるケースもあるので注意が必要です。

今回は、英文メールでの宛名の書き方の注意点についてお話したいと思います。

宛名の基本的な書き方とは?

f:id:miyane_com:20190815213349p:plain

まずは、英文メールでの宛名の書き方の基本をおさらいしましょう!

 

大体、次のケースのいずれかで宛名を書くケースが多いでしょう。(名字が〇〇、名前が△△の場合)

  • Dear Mr. 〇〇,
  • Dear Ms. 〇〇,
  • Dear △△ 〇〇
  • Dear △△

フォーマルなビジネスメールでは、Dear Ms/Mr 〇〇で宛名を書くケースが多いでしょう。

性別が分からないときは、Dear △△とかDear △△ 〇〇を使います。

また、日本人相手だと、Dear 〇〇-san, をよく見かけます。
性別が分からなくても使えるので、外人にとっては結構便利みたいです。

 

また、もう少しカジュアルな場合だと、Hiで始める場合もあります。

  • Hi,
  • Hi △△,

とかですね。同僚へのメールだとHiが多いんじゃないでしょうか。

博士号持ちならDr.にしないと失礼!!

f:id:miyane_com:20190919215836p:plain

一般的に、名字の前にはMr.かMs.をつける場合が多いんですが、一点だけ注意が必要です。

もし相手が博士号を持っている場合、Mr.やMs.ではなく、Dr.を使いましょう!!

 

海外では博士号 (Ph.D.とか、Dr.と言います)は、かなり価値のある学位(らしい)です。

ですので、博士号を持っている人をMr./Ms.呼ばわりすると、失礼に当たります。

E-mailで博士号もちの人とやり取りをするときは、必ず宛名にDr.をつけましょう

つまり、メールの書き始めは、

Dear Dr. 〇〇,

となります。

 

なお、相手が博士号持ちかどうかは、メールのsignatureを見ればわかります。

e-mailのsignatureでは、相手のメールに

Kind regards,

--
〇〇 △△, Doctor

Phone: xx-xxxx-xxxx
e-mail: xxxxxx@xxxx.xx

みたいな感じで自分はDrだぞ!!って自己主張してるので、注意してみましょう。

名刺 (name card)をもらっている場合は、そちらにも記載されていることが多いです。

相手が教授ならProfessorで!

f:id:miyane_com:20190919220117j:plain

さらにややこしいことに、相手が教授の場合、

Dear Professor 〇〇

にしなければならないというルールもあります。

 

一見、ややこしいような気もしますが、日本で教授にメールを送るとき、

〇〇先生

って送るケースが多いですよね。

あれと似たような感覚なんでしょうか。

相手の肩書を気にするのは、日本も海外も同じということですね。

まとめ

今回は、英文メールでの宛名の書き方についてお話しました。

基本は、Dear Mr./Ms. <名字>でOKなんですが、相手が博士号もちの場合や教授の場合は注意しましょう。

-未分類

© 2020 スマ英語 Powered by AFFINGER5