英語学習

英語力が伸びやすい人の3つの特徴

世の中には、短期間で英語がグングン伸びる人がいます。

いわゆる、語学の才能がある人です。

例えば、英会話スクールに通いだして、数か月もしないうちにペラペラしゃべりだす人。
もしかしたら、あなたの周りにもいるかもしれません。

英語で苦労した僕からすれば、本当にうらやましいです…

 

それでは、英語の才能がある人ってどんな人なんでしょうか?

長年本気で英語を勉強してきた僕が考える「英語学習に有利な特徴3つ」をお話したいと思います。

暗記が得意

f:id:miyane_com:20190911220515j:plain

個人的には、結局英語で一番大事なのは、どれだけ言葉を覚えられるかだと思っています。

文法もそうですし、単語や熟語もそうです。英語学習では、覚えることがたくさんあるんですよね。

「いやいや、暗記が重要なのはリーディングだけでしょ?」

って思っている人もいるかもしれません。でも、それは間違いです。

リーディングもライティングもリスニングもスピーキングも、ぜーんぶ暗記は重要です!!

 

例えば、リスニング。単語を知らなければ聞き取れません。

耳がどんなに良くても、単語を暗記する力がなければ、宝の持ち腐れです。

 

スピーキング。流暢に英語をしゃべるには、言い回しをたくさん覚えて、すぐに引き出すことが重要です。

スピーキングって使いまわせる言い方がたくさんあるんです。それをパズルのように組み合わせて使うのが「英語を話す」というイメージです。

 

例えば、スピーチでよく使う言い回しは、

Let me talk about … (…についてお話します。)

Let's move on to the next topic … (次の話題に移りますが、)

To sum up, I would like to say …(まとめますと、…ということです)

などです。

e-mailのライティングだと、

I would appreciate if you could … (…して頂けるとありがたいのですが)

Please let me know if you have any questions (何かご質問があれば連絡ください。)

とかですね。

 

こういうのは、英単語を組み合わせて文を作るんじゃないんです。

文全体を『言い回し』として覚えて、頭の中から引き出すんですね。

その型の…の部分に言いたいことを埋めていくイメージです。

ですので、英語をしゃべれるようになるには、たくさんの言い回しを覚える必要があります。

単語や熟語を覚えるだけじゃダメなんです。数多くの文を覚えて、それをいつでも瞬時に引き出せるようにする必要があります。

 

ですので、暗記が得意な人は英語がグングン伸びます!!

暗記が得意な人は英語学習において間違いなく有利です!!

体育会系

f:id:miyane_com:20190911220702j:plain

あと、体育会系の人も英語学習で有利です。

英語では反復練習が重要だからです。

 

一番顕著に違いが表れるのがスピーキングです。

誤解を恐れずに言うと、スピーキングはもはやスポーツです。

スピーキングの勉強は、学習というよりむしろ練習です。

僕がスピーキングを鍛えるためにやったことは、

  1. 覚えた言い回しを駆使して、英語をしゃべる
  2. しゃべった英語を録音する
  3. 録音した音声を自分で聞く
  4. はっきり流暢に言えているか確認する
  5. もう一度英語をしゃべる

この繰り返しです。

筋トレとか野球のフォーム固めみたいなものですね。

ひたすらしゃべって、正しく言えてるか確認して、しゃべって…

同じことの繰り返しです。

 

この地道な努力をひたすらこなせる体育会系こそ、英語の才能がある方だと思います。

国語が得意

やっぱり英語も言語です。

そういう意味で、国語が得意な人ほど英語が得意なんだなぁって良く思います。

というのも、英語は分かっているのに意味が取れないってケース、意外とあるんですね。

分かりやすいのはTOEICでしょうか。

「TOEIC part 7で、英語として何が書いてあるのかよく理解できているつもりでも、設問を間違える。」こんな経験ありませんか?

結局、英語を訳せても、何が書いてあるかを読み取れなければ意味がないんです。

 

英字新聞もそうですよね。

日本語の新聞を読むのが苦手な人が、英字新聞を読めるわけないですからね。

文字から情報をくみ取る力、すなわち国語力は、英語学習で重要な能力だと思います。

 

もちろん、スピーキングやリスニングにも同じことが言えます。

結局は、英語ってコミュニケーションですからね。

話の流れを理解しないといけないわけですから。

ですので、国語力というか、コミュニケーション力が高い方が有利です。

まとめ

今回は、英語力が伸びやすい人の特徴についてお話しました。

僕の独断と偏見ではありますが、結構当たってるんじゃないかなぁって思います。

ちなみに僕は、

  • 暗記が苦手(嫁から『海馬がない』と言われる)
  • 文化系 (運動苦手。足遅いです。)
  • 国語苦手 (センター試験111点。。。)

です。

英語力が伸びにくい人の典型です。

確かに、やたら英語を勉強した割に、今でもまだまだ英語が苦手です。。

当たってる…

-英語学習

© 2020 スマ英語 Powered by AFFINGER5