英語学習

【スマホで英語学習】TOEIC勉強にオススメのスキマ時間BEST 5

社会人でTOEICハイスコアを狙っている皆さん。勉強時間を確保するのって本当に大変ですよね。

通常業務をこなしながら、そして時には残業をしながら、勉強時間を確保してTOEICハイスコアのために勉強する…

なかなかしんどいですよね。

 

そんな時間のないあなたにオススメなのが、スマホアプリです。

スマホで英語学習をすれば、ちょっとしたスキマ時間でTOEICのスコアアップを狙えます。

本での勉強の場合は机に向かわないといけないんですが、スマホならいつでもどこでも、場所を選ばず勉強できます。

スマホでのTOEIC勉強は、忙しい社会人には正にうってつけですね!

 

そこで今回は、独断と偏見で選ぶ、TOEIC勉強にオススメのスキマ時間ベスト5を発表したいと思います!

忙しい社会人のみんな!ぜひ参考にしてくださいね♪

第5位|電車の乗り換え待ち

f:id:miyane_com:20190831233050j:plain

電車の乗り換え待ちって、意外と手持ちぶさたなんですよね。

駅のホームに突っ立って、数分後の電車を待つ‥なんとまあ無駄な時間でしょう。

そんな時こそ、英語を学習して時間を潰しましょう!

TOEICの問題は、基本的に一題当たり3~4分で出来るようになっているので、少ない待ち時間でも効率的に学習できます。

欠点としては、そんなに長い時間をとれないことなんですね。

毎日10分や20分も乗り換え待ちしている人なんてまれですよね。

そもそも、電車を乗り換えない人は乗り換え時間が発生しないですし。

かなり人を選ぶスキマ時間なのが残念な点です。

第4位|朝起きた直後

f:id:miyane_com:20190831233256j:plain

目を覚まして、布団の中にいる時間帯。実は、勉強時間としてオススメなんです。

なぜかというと、起きた直後は記憶に定着しやすいからです。

特に、単語の暗記は起きた直後が一番いいです。

 

朝目覚ましが鳴って、布団からでるまでの10分程度…

布団の中でヌクヌクしながらスマホで英単語を覚えていく。

布団の中でゴロゴロしながら勉強するのは気持ちいい上に、記憶への定着もいい。

まさに一石二鳥です!

 

ただ、この方法、一つだけ重大な欠点があるんです。

それは、二度寝です。

布団の中がついつい気持ちよくて、いつのまにか寝ちゃうんですよね。

遅刻という危険と隣り合わせの勉強なわけです。

ある意味、諸刃の剣。残念ながら、朝が弱い人にはオススメできませんね。

第3位|夕食後

f:id:miyane_com:20190831233942j:plain

夕食後って、結構ダラダラしちゃって時間を無駄にしがちな時間帯なんですよね。

ご飯食べ終わって、後片付けして…

あとは寝るだけ!って状態になっても、そこからダラダラTVを見たり、動画を見たり、ネットサーフィンをしたりしちゃってませんか?

「何もしてないのに、いつの間にか2時間も経ってた!!もう寝なきゃ!」

って言う経験、誰もがしたことがあるでしょう。

 

こういうムダな時間こそ、勉強時間に充てるべきなんです。

夕食後にダラダラソファーで寝そべりながら、スマホでTOEICの勉強をする

完璧じゃないですか?

リラックスタイムと勉強タイムが同時に来た感覚です。

個人的には、食後に一息ついてから寝るまでの時間は、至高の勉強時間です。

第2位|通勤電車の中

f:id:miyane_com:20190831234513j:plain

電車内は、スキマ勉強の王道ですね。

スマホ学習の良いところは、立ったままでも快適に勉強できるところです。

なので、満員電車もなんのその!十分勉強できちゃいます!

家が会社から遠いなど、場合によっては1時間以上も勉強に充てられます。

まさに勉強するためのスキマ時間でしょう!!!

 

…なんですが、一つだけ大きな欠点があるんです。

それは、ガタンゴトンうるさいことです。

いや、電車なので仕方がないんですが。

特にリスニングだと、周りの雑音ではっきり言って聞きづらいです。

リスニング上級者で高地トレーニング(わざと聞きづらい環境で修行する)したい方にはもってこいなんですが…

フツーのTOEIC学習者では、リスニングの勉強時間として使うのは難しいです…

リスニングの最中に車内アナウンスが流れるとかなりイラッとします。

「ちょwww聞こえねーよ!!」ってなります。。

 

短気な人、リスニングに集中したい人は、電車内では大人しくリーディングの勉強にしときましょう。

第1位|会社の昼休み

f:id:miyane_com:20190831234711p:plain

個人的に、一番勉強がはかどるスキマ時間は、会社の昼休みです。

なぜなら、ある程度まとまった時間が取れる上に、周りが静かだからです!!

 

まず、昼休みの時間が余る人って結構多いんじゃないかと思います。

多くの会社では、お昼の休憩時間が一時間程度でしょう。

でも、ご飯を食べるのって一時間もかからないんですよね。

僕の会社では社食があって、同僚といつもご飯を食べに行くんですが、居室に帰ってくるまで30分もかかりません。

ってことは、毎日30分のスキマ時間があるんです!!

30分もあれば、TOEIC試験のPART 3とPART 4の全部の問題を解き終わることもできます。

スキマ時間としては、かなりまとまった時間ですよね。

 

さらに、昼休みは回りが静か!!これも大きいです!

電車内だとちょっとリスニングをやりづらいですからね。

でも、基本会社のお昼休みは静かです!

しゃべっている人もいるかもしれませんが、うるさい人はまれでしょう。

 

お昼休みのリラックスしている時間にTOEICの学習を進める…とってもはかどりますよ!

まとめ

今回は、スマホTOEIC学習のオススメのスキマ時間についてお話しました。

忙しい社会人こそ、スキマ時間で英語を勉強するのがスコアアップへの近道です!

朝起きた直後、通勤時間、昼食後…スキマ時間はいろいろあります。

是非自分のお気に入りの時間を見つけて、TOEICハイスコアに向けて邁進しましょう!

-英語学習

© 2020 スマ英語 Powered by AFFINGER5