英語学習

英語を早く読む方法|返り読みをなくして、イメージ・チャンクでとらえよう

 

「英文を読むのが遅い…」

こんな悩みを持っている方も多いでしょう。

特に、TOEICでは大量の英文を短い時間で読む必要がありますからね。

リーディングスピードを上げたいという方も多いでしょう。

 

今回は、リーディングについてお話します。

以前、英文を速く読むための裏技的な方法を紹介しましたね。

www.sma-eigo.info

今回は、もっと正攻法の英文速読方法についてのお話です。

英語を読むのが遅い理由|一語一語日本語訳し、返り読みしているから

f:id:miyane_com:20191018210522j:plain

リーディングスピードが遅い理由は、英文の読み方が間違っているからです。

中学校や高校の英語の授業の影響かもしれませんが、英単語の語順を並び替えて一語一語返り読みする人がいます。が、この方法では、絶対に英語を速く読むことはできません。

 

返り読みについて、例を挙げて説明しましょう。

"I like to play the guitar."

という英文があったとします。

この文を、

「私は(I)ギターを(the guitar)演奏するのが (to play)好きです(like)。」

というふうに語順を並び替えて読んでしまっていませんか?

これが返り読みです。こんな読み方だと、どんなに頑張っても英語を速く読むことができません。

 

仮に一語一語日本語訳にしていなくても、目線が文を前後に行ったり来たりしていたらダメです。

目線が左から右へ、スーッと振り返らずに進んでいなければ、正しく英語を読んでいるとは言えません。

構文が複雑な英文では、多少目線が前後に行ったり来たりするかもしれませんが、基本は目線は一方通行です。

少なくとも、↑のような短い例文で目線が前後しているようでは、英文の読みかたを根本から変える必要があります。

英単語を訳すんじゃなくて、イメージでとらえよう

f:id:miyane_com:20191018210749j:plain

英文を読むときに返り読みをしてしまうのは、英文を日本語としてとらえようとしているからです。

そうではなく、英語を英語のまま、イメージでとらえる練習をすれば、リーディング速度は飛躍的に向上します。

 

例えば、

「私はギターを演奏するのが好きです」

と言う日本語の意味をとらえる時、↑の文を何か別の言語に変換しているわけではないですよね。

日本語のまま、意味をとらえていると思います。

英語でも同じことをやればいいんです。

"I like to play the guitar."

という英文を、

「私は(I)ギターを(the guitar)演奏するのが (to play)好きです(like)。」

という日本語ではなく、英語のまま意味をとらえます。

つまり、

I like までを読んだら、

f:id:miyane_com:20191018212232j:plain

こんな感じの絵を頭の中で思い浮かべて、『話し手が何かを好きだ』というイメージで英語を捉えます。

次に、to play the guitarという節を見たら、

f:id:miyane_com:20191018212700j:plain

こんな感じのギターを演奏しているイメージを頭に浮かべます。

この二つのイメージを組み合わせて、「ギターを演奏するのが好き」という英文の意図を汲み取るんです。

 

『英語を英語のままとらえる』っていうとなんか難しそうですけど、実際には英文を見て絵をイメージするだけです。

そんなに難しい作業じゃありません。

英語をチャンク(節)でとらえる

また、英文をチャンクでとらえて意味を取るのも重要です。

チャンクとは、英語のひと塊のことです。

例えば、先ほどの例では、

"I like / to play the guitar."

と言う風に、文を二つの塊に区切って理解しましたね。

このように、英文を単語単位で理解するのではなく、チャンクひと塊をまとめて理解するというのが重要です。

ちなみに、チャンクの区切り方には特にルールは無いようです(多分)。自分が理解しやすいように切っても構いません。

僕の場合、良く使われる慣用句はまとめてチャンクとしてとらえています。

例えば、

I would appreciate if you could / send me the file.

みたいな感じで、"I would appreciate if you could"までが(僕の感覚で)チャンクです。

一語一語読み進めるより、チャンクでとらえたほうが絶対に英文を読むスピードが速くなります。

 

英文をチャンクでとらえる練習として、僕がオススメするのは、スピーキングです。

スピーキングは文(節)の暗記が肝です。

単語一語一語を一からくみ上げてしゃべろうとすると、絶対にうまくいきません。

スピーキングは、"I would like to ~"とか、"Let me talk about~"とかいったチャンクを暗記して組み合わせてしゃべるイメージです。

なので、スピーキングの練習をすると自ずと脳内が『チャンク英語』になっていきます。

そのままの感覚で英文を読めば、英文をチャンクでとらえることになりますので、リーディングスピードが速くなっていきます。

まとめ

今回は、英語を速く読む方法についてお話しました。

受験英語でやったような返り読みでは、英文を速く読むことは不可能です。

  • 英文は並び替えない(視線は一方通行)
  • 単語ではなく、チャンク単位で英語を理解する

この2点さえ抑えておけば、かならず英語は速く読めるようになります。

-英語学習

© 2020 スマ英語 Powered by AFFINGER5